一人で持てない家具の移動を自分でする方法
ホームボタン

部屋の模様替えなどで、家具を移動したい場合があります。誰かに頼むよりも、自分でしたい人達の場合は、落ち着いて、少し時間をかけてもいいといった大らかな気持ちになり、努力をします。じっくりと取り組むことが大切です。 たんすなどの場合は、中に入っている洋服などによって重くなっていますので、中のものを一度、すべて出す努力をします。引き出しなどもすべてはずして、本体だけにするとひとりで移動が出来る軽さになる場合が多くあります。中に入れたものの整理も、こういった機会に出来るため、この方法で、自分ひとりで家具を移動することは有意義なことです。 一人で家具を移動する状態になる人は、ひとり暮らしの人達ですから、たんす等に入れられた洋服の数も限られていて、たんすもさほど重いものではありません。動かせないような大きなたんすの場合は、家族がいますので、移動をする場合は手伝ってくれる人手が確保出来ます。 世の中はうまくいっています。一人で家具を移動しなけらばならない人達は、ひとり暮らしの人達です。持ち物がさほど多くなく、たんすなどの家具も小さくなりますので、自分で移動をすることは可能です。整理整頓の習慣も日頃からつけておくと、さらに仕事が楽になります。

疑問点

家具の組み立ても可能です! クロネコヤマトの家具移動サービスなら、組み立てもOK!組み立て式のベッドや棚をWEBや通販で買って、該当の組み立てをお願いされることも全く問題なし 普通ならドライバーで簡単にできちゃいますよ!職人技にほれぼれします!

ダンボールを利用した裏技紹介

大事な家財も、タンスや椅子の底面に、ダンボールを間に入れることからサクッと移動が可能となっています。 第一段階、はだんぼ―るは1枚状態にすること。 その他には、家財の角をあげて、そこに、足の裏をつかいダンボールを差し込みます。逆の面も共通してダンボールの下敷きをください。 以降はダンボールを入れた、逆の面を保持し引きずれば移動ができることになります。 ダンボールが見当たらないならば毛布でも全く問題ありません。 どうやっても家財道具が重くて上にあがらない・・・・涙 そんな時は、サカイ引越しセンターやアート引越しセンター、クロネコヤマトといった専門家にたのみましょう。便利屋は素人ですのでオススメしません。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 一人で持てない家具の移動を自分でする方法 All Rights Reserved.